2006年09月25日

ドイツ紀行:ベルリンI ブランデンブルク門周辺

ベルリン観光のハイライトといえば、ブランデンブルク門です。
今日はこの門と、その脇にある建物をご紹介します。

ブランデンブルク門
ベルリンの壁の象徴だったブランデンブルク門なので、東西ドイツ統一の時に大勢の人が集まっていた光景を、ニュースで見た方も多いと思います。
門の上には、かつてナポレオンがパリへ持ち帰った、女神アイレーネと4頭だての馬車カドリカがあります。

ツアーでは門の下をバスで通りますが、もちろん門の前の広場で写真タイムがあります。
また、ベルリンの壁が崩壊したときの絵葉書も売られていますので、記念に買っておくのも良いでしょう。
ブランデンブルグ門.jpg


帝国議会議事堂
ブランデンブルグ門のすぐ脇にあり、外観の写真を撮るだけになります。
西ドイツ側にあった建物ですが、統一後に大改装され、現在も使用されています。
帝国議会議事堂.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。